おすすめ投稿

自営業の方が注意すべき総量規制の内容

自営業の方の中には、税務署の確定申告をしていない人もいると思います。
市町村の申告は税務課からうるさく督促されるためするのですが、税務署は言ってこないためです。

しかし、信販会社でお金を借りたりカードローンを申し込もうとした場合、総量規制の適用を受けて借り入れができないことがあります。
これは、総量規制で決められている年収の定義が、税務署に申告している年収という定義になっているためです。
信販会社にカードローンの申込をする際には税務署の証明が必要になりますが、申告していなければ証明書自体作成されないのです。

また、申告の金額を少なく申告している人も同様で、証明書には自分が申告した金額しか表示されませんから、いくら信販会社に本当はもっとたくさんあると言っても通用しません。
総量規制のおかげで自営業の方も正しく申告する必要が生じてしまったのです。

そのため、信販会社に借入をする際は税務署に申告をする必要があるのですが、当然税務署側もいきなり申告がされると、他の部分でおかしいものはないかと疑いをかけることになります。
万が一税務署の調査が入るとややこしいことになることが多いので注意が必要です。

もちろん最初から正しく申告していれば問題ありません。

20150715192603

おすすめ投稿

総量規制対象外で即日融資は可能か?

総量規制対象外のカードローンでは、年収の3分の1を超える金額であっても借り入れをすることは出来るのですが、だからと言って取り立てて審査が甘いというわけではありません。銀行カードローンの中には、楽天銀行スーパーローンなどのように、年収による制限条件を設定しているところもあります。

しかし、総量規制対象外の銀行カードローンの中で、年収による制限の設定をしていないところに三菱東京UFJ銀行のカードローンがあります。

その内容とは、まず、24時間365日インターネットでいつでも申し込みが可能です。
そして仮審査の結果が、申し込み後迅速にメールで届くか、あるいは電話で受けることが出来ます。
また、三菱東京UFJ銀行ATMコーナーなどに設置されているテレビ窓口でカードを受け取ることが可能です。
土・日・祝日でも大丈夫なので、急いでいる場合などには重宝するのではないでしょうか?

全国の三菱東京UFJ銀行が提携しているコンビニATMですぐに利用が可能になります。もちろんATMの手数料はかかりません。
急な出費が必要になった場合にでも即日融資が可能になるわけです。
あと、銀行に口座を持っていなくても大丈夫です。

金利は年4.6%~年14.6%で、最高500万円まで融資が可能になります。
借入利率は利用する限度額で異なるのですが、ちょっとした物入りで借り入れたい場合からまとまった資金が必要になった場合にまで、三菱東京UFJ銀行は即日融資可能なカードローンであるといえるでしょう。

レイクが総量規制の対象から抜けた理由

2010年に施行された改正貸金業法により総量規制という新たな法律が生まれました。

それは利用者の年収三分の一以上の貸付けを行ってはいけないという法律です。

それにはいろいろな取り決めもあり、その法律が適用されるのは銀行以外の貸金業者が貸主だった場合に限るのです。

そのことから貸主が銀行であった場合は、利用者の年収の三分の一以上であっても追加の借金が可能になるというしくみでした。

そして2011年、中堅消費者金融会社のレイクが10月1日より新生銀行の傘下で消費者金融事業の展開を始めた為、レイクでの借入は総量規制の対象外となりました。

これまでのレイクは新生銀行グループである新生フィナンシャルが運営しており改正貸金業法下で事業を行っていましたが、銀行傘下になる事で銀行業法下での事業展開となったのです。

従来レイクは二種類の初回無利息キャンペーンを前面に打ち出しており、そのメリットが集客アップにも繋がっていました。

一つ目は5万円までの借入なら180日間無利息となり、二つ目は借入額全額30日間無利息になるキャンペーンです。

皆さんも一度はテレビコマーシャルなどで目にした事があるのではないでしょうか。

キャンペーンの追い風もありこれからは長期のカードローン利用者が増えていく事が見込まれています。

申込方法の多様化で、来店不要で24時間申込み可能であることも世代を問わず支持されてます。

さらに、今では14時以降でも即日融資に対応しているカードローンもあるくらいです。
なぜ、そんなに迅速に素早く審査できるのか、即日融資~14時以降、夜でもいける!カードローンによると、


・スコアリングによる自動的な審査システム
・担保も保証人も不要


という要因が考えられるそうです。

また、携帯電話一つで会員ページにログインできるなど便利な機能が次々登場している点も人気の一つと言えるのかもしれません。

被害が出ないように

借入人が多重債務をしたり回収が困難になったりした場合は、使途自由のカードローンでも用途を確認されることがあります。会社のほうもボランティアでやっているわけではないので、被害が出ないように確認しなきゃなんですね。

バンクイックは銀行のカードローン非常に審査が早い

バンクイックは銀行のカードローンであるにもかかわらず、非常に審査が早いのが特徴です。
バンクイックの審査を申し込んでから2日後には審査結果が連絡されてきます。
融資開始はカードを受け取ってからですが、そのカードもATMまで出向けばその日のうちにもらえますから、早ければ即日融資にも対応しています。

バンクイックの貸付条件
金利:4.6%~14.6%
限度額:最高で500万円
融資最低額:枠としては10万円~

このほか、最低返済金額も決められていて、2000円からの返済も融資額によっては可能です。
検討する人は、みずほ銀行やりそな銀行など他の大銀行のカードローンを比較されるケースが多いようです。

初優勝した琴奨菊の視聴率の高さ

20160207100007普段相撲に興味がない人でも、琴奨菊の優勝がかかった千秋楽は大注目でした。
時々相撲に注目が集まることがありましたが、今回はなんといっても10年振りの日本出身の優勝が決まるかどうかの瀬戸際だったからです。
視聴率は24%と高いことにも驚きました。
瞬間最高視聴率は琴奨菊の祝福されているシーンだったというのですから、これには大いに納得です。

それにしても、29.2%とはすごい数字です。
北部九州では38%と驚異的な数字ですから、地元の人達の熱い応援があったことがよくわかります。
人気のあるドラマでもなかなか取れない数字ですから、幅広い世代の人がテレビの前で応援したことがよくわかります。
すごくいい取り組みだったと私も満足しています。
お相撲さんは、普段のニコニコした顔と試合の顔のギャップの差に驚くことがよくあります。
琴奨菊も人のよさそうな顔をしていますが、試合の前はじっと目を閉じ、まるでイメージトレーニングをしているようでした。

同性愛は異常だと”議会”で”野次”を飛ばすのはいけないが

20151214162454岐阜県議会本会議にて「同性愛は異常」と野次を飛ばした自民党の藤墳守県議会議員が、発言の撤回はしないとしていた前日から一転、11日の記者会見にて謝罪をしたというニュースです。
県議会議員であれ一応は選挙で当選した公人ですから、議会においてあまり過激なことを言うのは適切ではなかったのだと思います。まあ野次を飛ばすこと自体、あまり好ましいことではないと思うのですがね。それは与野党、国自治体問わずです。

私自身が気にしていることは二つです。一つは藤墳議員の発言の真意がマスメディアに触れた人にちゃんと伝わっているかどうかです。記事の中身も見ずにタイトルだけ見て叩く人が少なからずいるのは事実だと思うので、そういうことはしないでほしいと思う次第です。思うに因果関係としては間違ってはいないですが、発言をするには身分と場が適切ではなかったというものではないでしょうか。

もう一つは同性愛を異常である、とする論調が弾圧されることがないかどうかです。正直すでにそういう風潮があるように感じますが、マイノリティのためにマジョリティが我慢しろなんてのは正直押しつけがましいように思います。かくいう私は同性愛については特に何とも思わない層ですが、近年のそういう少数派のために多数派は我慢しろみたいな風潮はどうなんだ?と思うことはあります。

なんだかんだ言われるけれども言論や思想の自由がある国です。風潮に逆行するのもよし、多数派に抗うもよし。あまり人の意見や発言にカリカリしない方が楽に過ごせるのかもしれません、そう思いました。