作成者別アーカイブ: admin

三菱UFJ銀行の裏側?

今、大手都市銀行が舞台の経済小説を読んでいます。派閥やら裏取引やら権力争いでドロドロのストーリー。

大手ほどいろんなことがあるんでしょうね。お金が絡むから当然といえば当然ですが。

今日は振込のために三菱UFJ銀行に行ってきたのですが、待ち時間の間「ここでも裏ではあんな戦いが・・・」なんて想像をたくましくしちゃいました(笑)

カードローンで買うかな

冬に欠かせないブーツは意外と大きい買い物。
靴なのに3万円越えするかしら。

今年はカードローンに頼らざるを得なそう。
だって、結婚式ラッシュでご祝儀捻出しないといけないし。
しかもそろそろコートも買い換えたいと思ってたんだよね。
今年はダウンコートが進化してるし。
トータルで15万くらい借りないといけないかしら。
気候も寒いけど、懐も寒いわ。

留学費用をカードローンで?

大学生の娘がいきなり言い出した海外留学。
「夏休みにカナダに3週間行きたいの。来年は就活だから行けないし。」

なぜもっと早く言ってくれなかった?
娘よ、一泊二日の旅行とは違うのだよ。
パパはカードローンでガツンと借りるか?なんて言っていた。
当然やめさせるわけにもいかず。
苦渋の決断です。

モノにして帰ってきておくれ。

5万円も出せない

Jリーグ好きの彼。
付き合ってからも試合観戦しに出掛けることが多いのです。
彼が、やっぱり来年は年間シート買うしかないだろーなんて言っていて、
試合後のあの開放的なノリで、私も買う!なんて言ってしまった。。。

後日、彼に入金してきて!って頼まれて、思い出した!
そうだよ、5万円はするんだよね。
カードローンに頼ろうかと思います。
さすがにポンと5万円は出せないわ。

レイクが総量規制の対象から抜けた理由

2010年に施行された改正貸金業法により総量規制という新たな法律が生まれました。

それは利用者の年収三分の一以上の貸付けを行ってはいけないという法律です。

それにはいろいろな取り決めもあり、その法律が適用されるのは銀行以外の貸金業者が貸主だった場合に限るのです。

そのことから貸主が銀行であった場合は、利用者の年収の三分の一以上であっても追加の借金が可能になるというしくみでした。

そして2011年、中堅消費者金融会社のレイクが10月1日より新生銀行の傘下で消費者金融事業の展開を始めた為、レイクでの借入は総量規制の対象外となりました。

これまでのレイクは新生銀行グループである新生フィナンシャルが運営しており改正貸金業法下で事業を行っていましたが、銀行傘下になる事で銀行業法下での事業展開となったのです。

従来レイクは二種類の初回無利息キャンペーンを前面に打ち出しており、そのメリットが集客アップにも繋がっていました。

一つ目は5万円までの借入なら180日間無利息となり、二つ目は借入額全額30日間無利息になるキャンペーンです。

皆さんも一度はテレビコマーシャルなどで目にした事があるのではないでしょうか。

キャンペーンの追い風もありこれからは長期のカードローン利用者が増えていく事が見込まれています。

申込方法の多様化で、来店不要で24時間申込み可能であることも世代を問わず支持されてます。

さらに、今では14時以降でも即日融資に対応しているカードローンもあるくらいです。
なぜ、そんなに迅速に素早く審査できるのか、即日融資~14時以降、夜でもいける!カードローンによると、


・スコアリングによる自動的な審査システム
・担保も保証人も不要


という要因が考えられるそうです。

また、携帯電話一つで会員ページにログインできるなど便利な機能が次々登場している点も人気の一つと言えるのかもしれません。